スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバルスペシャル 最強の二人、宿命の対決 【プロ棋士・名人戦 森内俊之VS羽生善治】  

  • 2008/07/29(火) 14:23:04

名人戦・世紀の『ライバル対決』


将棋界で最も伝統のあるタイトル・名人戦。今年の対局は、4期連続で名人の座を守る森内俊之(37)と挑戦者・羽生善治(37)。二人は、「宿命のライバル」、同期で同い年、小学4年生以来、27年に渡ってしのぎを削ってきた。
habu01.jpg
世紀の対局に臨む二人


常識破りの『閃き(ひらめき)』
天才と呼ばれる羽生の強さの秘密は、常識にとらわれない柔軟な発想にある。「今までの定跡が絶対だと思わない方がいい。信じ切っている状態だとアイデアって浮かばなくて、むしろ全部忘れ去って考えた方が浮かんでくる」
25歳の若さで前人未踏の七冠を制覇した羽生。しかし、その後、勝ち負けだけにこだわった将棋を指すことには意味がないと考え始める。30代に入り、閃きや記憶力も衰え、迷いと不安のなかで、いま、羽生は自分の将棋を極めようと、道を追究し続ける。
habu02.jpg
対局する羽生


重厚な『受け』
昨年、羽生に先んじて、名人位通算5期で得る「永世名人」の資格を得た森内。その比類ない強さは、森内の「重厚な受け」にある。
森内は羽生と比べ、読みの速さや瞬時の判断力は遅い。しかし、どっしり相手の攻めを受け止め、ち密な読みを巡らして、じわじわと揺さぶる。この将棋が、相手を追い込む。
その強さは、棋士人生で常に森内の前にいた羽生への「劣等感」を吹っ切り、自分の将棋を追究するなかで、磨かれた。 いま、森内は、自分にしか指せないような思い切った手を指す将棋を心がける。
habu03.jpg
対局する森内


二人で、新たな地平へ
二人にとって、「ライバル」の存在は、互いの成長、進化に大きな影響をもたらしてきた。
森内と羽生は、データによって裏付けられた戦術ではなく、一つ間違えるとあっという間に勝負がつく未知の世界で、真の実力勝負をする。森内「知らない局面でこそ、その人が持っているものが問われる」
羽生「予期せぬことにどれだけ出会えるかが一番おもしろいところ」
二人は、27年前の最初の出会いの時と変わらず、盤面を介して互いと向き合い続ける。
habu04.jpg
27年にわたり盤を挟んで対峙してきた二人


プロフェッショナルとは・・・
「高い専門性があることはもちろんなんですけれども、それと同時に新しいことへの挑戦を続ける、今の自分に満足しないで、自分を高め続けていけるとというか、そういうことですね」
森内俊之


プロフェッショナルとは・・・
「24時間、365日プロであり続けることだと思います。つまりなんか、そういうことをプロであるということを、意識の片隅におき続けているっていう感じですかね。」
羽生善治


放送を見ての感想
プロ棋士の戦いの凄まじさ!それがとても感じました。一局の戦いに丸2日かけるのには驚き!
そして、その間ずっと集中力を維持しているこの二人!
本当に凄まじいものを感じました。
とくに印象に残っているのが、羽生善治さんの言葉の、「24時間、365日プロであり続ける」という言葉です。
たぶん、普段将棋をしていないときでも、頭の片隅にずっと将棋のことがあるのではないでしょうか?
それを当り前のようにしているという羽生さん!本当にプロだなと思いました。
また、森内さんの、ピンチの時にこそ大胆な手を打つ、という姿勢にも今までの経験とプロとしての姿勢をとても強く感じました!

とても勉強になる内容で、仕事への活力がわいてきました(^^)☆

スポンサーサイト

チームは”背中”と”口”で引っ張る  【プロ野球選手・宮本慎也】

  • 2008/07/11(金) 21:09:02

”背中”と”口”で引っ張る


「簡単にやるなよ!簡単に取れへんぞ1点!」開幕前の沖縄でのキャンプ。練習中のグラウンドには、宮本の怒声が響き渡る。キャプテン宮本は、例え煙たがられようとも、同じチームで戦う選手同士だからこそ言うべき時には、言う。そのスタイルがチームで認められているのは、宮本が若手をも凌駕(りょうが)する練習量をこなし、野球に対する真摯(しんし)な姿勢を貫いているからだ。ある試合でミスをした宮本。目の合う選手にしきりと「ごめん」と謝った。ベテランであってもミスをあいまいにせず、厳しく問い直す。そんなキャプテンの日々の態度がチームを引き締める。
photo0100.jpg
ミスをした直後ベンチで他の選手に謝っていた


”二流の超一流”を目指せ
もともと宮本はずば抜けた素質や体格に恵まれた選手ではない。そんな宮本にとって入団当初に受けた野村克也監督の数々の薫陶はその後の野球人生を大きく変えた。なかでも宮本が大事にしているのが「二流の超一流を目指せ」という言葉だ。野球はホームランバッターやエースだけでは成り立たない。脇役であっても、野球理論を極め、努力を積み重ねれば、チームに欠くことの出来ない選手になることができる。この言葉に「自分が生きる道はこれだ」と確信したという宮本。隙(すき)のない野球が出来る選手をめざし精進を重ね、やがて球界を代表する選手となっていった。
photo02.jpg
遠征先のホテルでバットを振るのは若い頃からの日課


ペナントレース・知られざる闘い
オフに主力選手が抜け、若手主体となったヤクルト。宮本は、今シーズンを闘い抜きながら、同時に将来に渡って優勝争いが出来るチームになって欲しいと考えていた。そのためには「隙のない野球」の出来るチームにならなくてはいけない。宮本は日々の試合後、さまざまなメッセージを選手たちに伝えていく。「もっと多くの時間を野球に費やそう」「もっと頭を使って野球をやろう」。時には厳しい口調になることもある。正捕手候補の一人福川選手には、1球の選択の判断の難しさ、怖さを分かって欲しいと考えていた。試合後のクラブハウスには、本音でぶつかる宮本と後輩選手との知られざるドラマがあった。
miyamoto3.jpg
「隙のない野球」を行う意識を若い選手に伝えたい


プロフェッショナルとは・・・

「父親からもらった言葉なんですけれども、『努力するのはプロとして当たり前、それ以上するのが本当のプロだ』っていう。みんなやっていないことをするのが、努力するのが、プロフェッショナルだというふうに思っています。」

プロ野球選手・宮本慎也


放送を見ての感想
一番印象に残ったのが、ミスをしたあとに自ら他の選手に「ごめん」と謝るシーン。
あれはなかなかできることではないと思いました。
あの「ごめん」は、自分のプレイの1つ1つがチームのプレイだということを理解していて、チームの勝利を第一に考えているからこそでた行動だと思いました。

宮本選手がキャプテンとしてすごいと思ったのは、しっかり褒めること!
人間はやっぱり怒られてばかりではいやになってくると思います。
いいプレイをしたり、成長が確認できたらしっかり褒めることは大事!
宮本選手は怒る場面と褒める場面、そのバランスがすごいと感じました!

また、バッティングもただ振るだけではなく、片足の下にボールを置いて振る、などの工夫。
プロになる選手というのは、才能があるからプロになったと思っていたけど、練習を自ら工夫して他の人よりも努力しているからプロになったんだな~と感じました。
僕はサッカーが好きで、普段野球はあまり見ないのですが、今回の放送を機に、ぜひプロ野球も見ます!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。